it-swarm.dev

Debian 8でのDDoSウイルス感染(UNIXサービスとして)VM Webserver

私は(完全に更新された)Wordpressを〜okeanosサービスの仮想マシンの学生チーム向けに2年間維持しています。もちろん-私はそうではありません(このサービスには私の学歴が関連付けられています。)彼らがマシンを一時停止し、メールシステムを燃やした後、私は何が起こったのか調べようとしました。

まず、ps -ejを実行して、何が実行されているかをチェックアウトします。

root@snf-25181:~# ps -ej
1545 1545 1545 ? 00:00:00 console-kit-dae
1618 1057 1057 ? 00:00:00 gdm-session-wor
1632 1632 1632 ? 00:01:40 rghuoywvrf
1767 1767 1767 ? 00:00:00 sshd
1769 1769 1769 ? 00:00:00 systemd
1770 1769 1769 ? 00:00:00 (sd-pam)
1775 1767 1767 ? 00:00:00 sshd
1776 1776 1776 pts/0 00:00:00 bash
1849 1849 1776 pts/0 00:00:00 su
1870 1870 1776 pts/0 00:00:00 bash
2246 0 0 ? 00:00:00 kworker/0:0
2797 839 839 ? 00:00:00 Apache2
3158 3158 3158 ? 00:00:00 bvxktwwnsb
3162 3162 3162 ? 00:00:00 bvxktwwnsb
3163 3163 3163 ? 00:00:00 bvxktwwnsb
3164 3164 3164 ? 00:00:00 bvxktwwnsb
3165 3165 1776 pts/0 00:00:00 ps

Bvxktwwnsbとrguoywvrfに注意してください

次に、サービスを取得するためにps auxを実行しました(これもテールです)。

Debian-+  1629  0.0  0.0 178300  4444 ?        Sl   16:53   0:00 /usr/lib/dconf/dconf-service
root      1667  0.0  0.0  30744  4436 ?        Ss   16:53   0:00 /sbin/wpa_supplicant -u -s -O /run/wpa_supplicant
root      1670  0.0  0.1 299588  9884 ?        Ssl  16:53   0:00 /usr/lib/packagekit/packagekitd
root      1674  0.0  0.1 1055004 6168 ?        Ssl  16:53   0:00 /usr/sbin/console-kit-daemon --no-daemon
www-data  1923  0.0  0.1 240964  8112 ?        S    16:53   0:00 /usr/sbin/Apache2 -k start
pankgeo+  5656  0.0  0.0  27416  3424 ?        Ss   17:03   0:00 /lib/systemd/systemd --user
pankgeo+  5657  0.0  0.0 143108  2408 ?        S    17:03   0:00 (sd-pam)   
root      5893  0.0  0.1 102420  6428 ?        Ss   17:04   0:00 sshd: pankgeorg [priv]
pankgeo+  5904  0.1  0.0 102560  4128 ?        S    17:04   0:02 sshd: pankgeorg@pts/0
pankgeo+  5905  0.2  0.1  16816  6388 pts/0    Ss+  17:04   0:04 -bash      
root      7443  0.0  0.1 102420  6496 ?        Ss   17:07   0:00 sshd: pankgeorg [priv]
pankgeo+  7448  0.0  0.0 102552  4160 ?        S    17:07   0:00 sshd: pankgeorg@pts/1
pankgeo+  7449  0.0  0.1  16468  6228 pts/1    Ss+  17:07   0:01 -bash      
root     17351  0.0  0.0      0     0 ?        S    17:15   0:00 [kworker/0:0]
root     18446  0.0  0.0      0     0 ?        S    17:18   0:00 [kworker/0:2]
root     18488  0.1  0.0      0     0 ?        S    17:18   0:01 [kworker/1:1]
root     22680  1.5  0.0      0     0 ?        S    17:28   0:08 [kworker/1:0]
root     24173  0.0  0.1 102420  6416 ?        Ss   17:31   0:00 sshd: pankgeorg [priv]
pankgeo+ 24181  0.3  0.0 102420  3360 ?        S    17:31   0:01 sshd: pankgeorg@pts/2
pankgeo+ 24182  0.0  0.0  16480  6112 pts/2    Ss   17:31   0:00 -bash      
root     25316  2.3  0.0      0     0 ?        S    17:33   0:06 [kworker/1:2]
root     26777  0.0  0.0      0     0 ?        S    17:35   0:00 [kworker/0:1]
root     26778  0.0  0.0      0     0 ?        S    17:35   0:00 [kworker/0:3]
root     27300  0.0  0.0   1424  1040 ?        Ss   17:38   0:00 cat resolv.conf  #note                        
root     27306  0.0  0.0   1424  1036 ?        Ss   17:38   0:00 gnome-terminal   #from                     
root     27307  0.0  0.0   1424  1036 ?        Ss   17:38   0:00 ifconfig eth0    #here                    
root     27308  0.0  0.0   1424  1040 ?        Ss   17:38   0:00 id               #(DDOS?)         
root     27309  0.0  0.0   1424  1040 ?        Ss   17:38   0:00 ifconfig                        
pankgeo+ 27315  0.0  0.0  11136  2044 pts/2    R+   17:38   0:00 ps aux     

アイテムに注意してください[-4:-1]。次に、chkconfig --listについてオンラインで見つけたので、それを実行すると、次のように表示されました

root@snf-25181:/home/pankgeorg# chkconfig --list
acdnfhruvx 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off
flyymwddwn 0:off 1:off 2:off 3:off 4:off 5:off 6:off

1から5どこでonですが、私はoffに変えました。その後、再起動すると名前が変わりました。次に、located acdnfhruvxを実行すると、次のように表示されます。

root@snf-25181:~# locate acdnfhruvx
/etc/init.d/acdnfhruvx
/etc/rc1.d/S01acdnfhruvx
/etc/rc2.d/S01acdnfhruvx
/etc/rc3.d/S01acdnfhruvx
/etc/rc4.d/S01acdnfhruvx
/etc/rc5.d/S01acdnfhruvx

そのうちの1つ(すべて同じ)の内容:root @ snf-25181:〜#cat /etc/init.d/acdnfhruvx#!/ bin/sh

chkconfig: 12345 90 90
description: acdnfhruvx
BEGIN INIT INFO
Provides: acdnfhruvx
Required-Start:
Required-Stop:
Default-Start: 1 2 3 4 5
Default-Stop:
Short-Description: acdnfhruvx
END INIT INFO
case $1 in
start)
/bin/acdnfhruvx
;;
stop)
;;
*)
/bin/acdnfhruvx   
;;
esac    

これは再起動後に見つかったため、/bin/acdnfhruvxはどこにもありませんでした。後で/usr/binでexe(ELF形式)を見つけました(あなたの間に勇敢な男がいれば、共有できると思います)

Originを知らなくてもマシンが実行しているのを見たコマンドの一覧(ps -ejsとps auxesから:

root     27755  0.0  0.0   1424  1036 ?        Ss   17:40   0:00 ifconfig                        
root     27759  0.0  0.0   1424  1036 ?        Ss   17:40   0:00 who                        
root     27760  0.0  0.0   1424  1040 ?        Ss   17:40   0:00 echo "find"                        
root     27761  0.0  0.0   1424  1036 ?        Ss   17:40   0:00 top                        
root     27762  0.0  0.0   1424  1036 ?        Ss   17:40   0:00 id                        
root     27805  0.0  0.0   1424  1036 ?        Ss   17:40   0:00 gnome-terminal                        
root     27809  0.0  0.0   1424  1040 ?        Ss   17:40   0:00 ifconfig                        
root     27810  0.0  0.0   1424  1044 ?        Ss   17:40   0:00 sh                        
root     27811  0.0  0.0   1424  1040 ?        Ss   17:40   0:00 sleep 1                        
root     27822  0.0  0.0   1424  1040 ?        Ss   17:40   0:00 netstat -an                        
root     27826  0.0  0.0   1424  1036 ?        Ss   17:40   0:00 top                        
root     27829  0.0  0.0   1424  1040 ?        Ss   17:40   0:00 bash                        
root     27833  0.0  0.0   1424  1040 ?        Ss   17:40   0:00 cd /etc                        
root     27834  0.0  0.0   1424  1040 ?        Ss   17:40   0:00 whoami                        
root     27822  0.0  0.0   1424  1040 ?        Ss   17:40   0:00 netstat -an                        
root     27826  0.0  0.0   1424  1036 ?        Ss   17:40   0:00 top                        
root     27829  0.0  0.0   1424  1040 ?        Ss   17:40   0:00 bash                        
root     27833  0.0  0.0   1424  1040 ?        Ss   17:40   0:00 cd /etc                        
root     27834  0.0  0.0   1424  1040 ?        Ss   17:40   0:00 whoami                        

pkillingは無意味です。常にフォークするため、再起動後に新しい(同一の)バージョンの実行可能ファイルが存在するため、/etc/init.d/および/{usr/,}binからのファイルの削除も無意味です。このすべての情報の後で、私は2つの質問をします:私がどのように感染したかを知ることができますか?これを取り除くことはできますか?前もって感謝します!

14
pankgeorg

おそらく ssh brute force login によって、Suseでも同様の感染を受けました。

クリーニングする手順は次のとおりです。

  1. ファイル/etc/crontabを確認してください。おそらく3分ごとにウイルスを呼び出すエントリがあります

    */3 * * * * root /etc/cron.hourly/cron.sh
    

    この行を削除します。

  2. ウイルスの親プロセスを特定します。 ps -ejrguoywvrf。他のプロセスは継続的に作成され、殺されます。
  3. kill -STOP 1632を使用して停止せず、殺さないでください
  4. 別のps -ejに確認してください。親だけが生きており、子供はすぐに死ぬはずです
  5. これで、/usr/binおよび/etc/init.dのファイルを削除できます。 /bootまたは/binも使用するウイルスの亜種があります。最近変更されたファイルを探すには、ls -lt | headを使用します。
  6. /etc/cron.hourly/cron.shのスクリプトを確認してください。私たちのサーバーでは、/lib/libgcc.soでウイルスの別のコピーを呼び出していました。両方のファイルを削除します。
  7. これで、rguoywvrfプロセスを確実に終了できます。
24
Serxipc

あなたの質問に答えるには:

  1. 必要な予防策(オフサイトのsyslog、IDS、ログの監視など)がなければ、何が起こったのかは決してわかりません。
  2. マットに同意する必要があります。本当に信頼することのできないマシンを稼働させるために時間を費やすことになります。私の意見では、最善の解決策は、データをオフサイトに移動してマシンをやり直すことです。

もちろん、それだけの価値があるので、これは私の意見にすぎません。ただし、マシンをやり直すときはもちろん、必要な予防策を講じて、将来的に自分をよりよく保護することができます。

3
Eamonn Travers

これは、DDOS攻撃を起動し、ポート80で外部サーバーへの数千の接続を生成するため、さまざまな問題を生成する脅威ですが、意図的にそうでないと、ルーター/ファイアウォールがフリーズするまで接続が過負荷になる傾向があります。 DDOS攻撃ルール。

今、どのようにしてこの脅威を取り除くことができますか?

  1. あなたの脅威を見つけ、使用してください

Centos/redhat

ps -ely 

Debian

ps -ej

あなたは見るでしょう:

3158 3158 3158 ? 00:00:00 bvxktwwnsb
3162 3162 3162 ? 00:00:00 bvxktwwnsb
3163 3163 3163 ? 00:00:00 bvxktwwnsb
3164 3164 3164 ? 00:00:00 bvxktwwnsb

bvxktwwnsb」がターゲットです

  1. 次に、シングルユーザーモードでLinuxサーバーを起動する必要があります。マルチユーザーモードでの変更は無意味です。通常、次のコマンドで切り替えることができます。

    テリニットS

  2. その後、起動時に実行されるファイルを削除する必要があります

centos/Redhatでの手順は

ステップa)

cd /etc/init.d          
ll -tr 

最後のコマンドは、ファイルを逆順に並べ替えます。最後に、次のような名前の最後の1つまたは2つのファイルが表示されます。

acdnfhruvx
kmrkuwbrng
gqpjiestmf
bvxktwwnsb

あなたは内容を見る必要があります

cat /etc/init.d/gqpjiestmf

通常、同じ名前の/ binまたは/ usr/sbinにあるファイルの実行が表示されます

両方のファイルを削除する必要があります。

ステップb)

cd /etc/
ll -tr 

crontabファイルが最近変更されたかどうかを確認し、その内容を確認し、行を検索します

*/3 * * * * root /etc/cron.hourly/udev.sh

または

*/3 * * * * root /etc/cron.hourly/crontab.sh 

ファイルを編集してその行を削除する必要があります。

udev.shまたはcrontab.shの内容を確認すると、次のようなものが表示されます

#!/bin/sh
PATH=/bin:/sbin:/usr/bin:/usr/sbin:/usr/local/bin:/usr/local/sbin:/usr/X11R6/bin
cp /lib/libgcc4.so /lib/libgcc4.4.so
/lib/libgcc4.4.so

「libgcc4.4.so」ファイルまたはそこに記載されているその他のファイルを削除する必要があります(権限の変更も機能します。たとえば、chmod a-x libgcc.so

サーバーを再起動すると、すべてが正常になります。

Debian/ubuntuと親戚のために使用します:

locate bvxktwwnsb

/ etcと/ binにあるファイルを削除します

これが多くの人の役に立つことを願っています。

1
Jorge Arenas

Serhiiソリューションを補完する追加のトリック。すべてのプロセスを停止することは、ネットワークとCPUに迷惑をかけるので難しい場合があります。したがって、次の行を/etc/crontabに追加して、すべての厄介なプロセスを自動的に停止します(名前に10文字が含まれるすべてのプロセスを3分ごとに停止します)。

*/3 * * * * root pstree -ap | grep -E -- '-[a-z]{10},' | cut -d, -f2 | xargs kill -STOP 2>/dev/null

これは、クリーンアップ後に、プロセスが戻らないことを確認するのに適しています。箱がきれいであることを確認するまでしばらく実行します。

0
lzap

何か見つけた!!!

/ etc/crontabを探します

私のサーバーでは、何かを実行するために3分ごとにcronjobがあります。

*/3 * * * * root /etc/cron.hourly/cron.sh

cat cron.sh

#!/bin/sh
PATH=/bin:/sbin:/usr/bin:/usr/sbin:/usr/local/bin:/usr/local/sbin:/usr/X11R6/bin
for i in `cat /proc/net/dev|grep :|awk -F: {'print $1'}`; do ifconfig $i up& done
cp /lib/libgcc.so /lib/libgcc.so.bak
/lib/libgcc.so.bak

私の解決策:

  1. /etc/init.d/ {/ usr}/bin//lib/libgcc.soのパーミッション(rwx 000)を無効にします。
  2. / etc/crontabのcronjobエントリを削除する
  3. /etc/cron.hourly/cron.shのcronスクリプトを削除します
  4. サーバーを再起動します

注:ファイルの場所は異なる場合があります

0
Andi Bobinsky